音楽ライター・金子厚武のブログ
by ashadeofshyness
カテゴリ
日記
インタビュー
YEAR IN MUSIC
ウィークリー・レコメンド
コラム
以前の記事
2016年 12月
2016年 01月
2015年 12月
more...
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


英米の主要音楽メディアのベスト・アルバムで振り返る2011年

b0127040_048953.jpg

毎年恒例の企画です。UKとUSの主要メディアが年末に発表したベスト・アルバムを数値化して、トータルでのベストや、国ごとの傾向を探ろうというものです。いつも言ってることですが、メディアのチョイスの時点でバイアスがかかっているので、別にこれが正解とかではないです。ただ、細分化が叫ばれる中でも、それをまとめてみればちゃんと一本の線が見えるということを証明すべくやってるようなところがあります(あと、自分の復習)。今年も、はっきりと2011年の顔が浮かび上がりました。というわけで、まずは各メディアのベスト10をどうぞ!

NME(UK)
1 PJ Harvey – Let England Shake
2 Metronomy – The English Riviera
3 The Horrors – Skying
4 Wild Beasts – Smother
5 Kurt Vile – Smoke Ring For My Halo
6 Arctic Monkeys – Suck It And See
7 St. Vincent - Strange Mercy
8 Katy B – On A Mission
9 tUnE-YarDs – w h o k i l l
10 WU LYF – Go Tell Fire To The Mountain

Q Magazine(UK)

1 Florence & The Machine – Ceremonials
2 PJ Harvey – Let England Shake
3 Adele – 21
4 Bon Iver – Bon Iver
5 Coldplay – Mylo Xyloto
6 Jay-Z & Kanye West – Watch The Throne
7 Arctic Monkeys – Suck It And See
8 St. Vincent – Strange Mercy
9 WU LYF – Go Tell Fire To The Mountain
10 Elbow – Build A Rocket Boys

UNCUT(UK)

1 PJ Harvey – Let England Shake
2 Gillian Welch – The Harrow & The Harvest
3 Metronomy – The English Riviera
4 White Denim – D
5 Josh T. Pearson – Last Of The Country Gentlemen
6 The Horrors – Skying
7 Radiohead – The King Of Limbs
8 Wild Beasts – Smother
9 Bon Iver – Bon Iver
10 The War On Drugs – Slave Ambient

MOJO(UK)

1 PJ Harvey – Let England Shake
2 The Horrors – Skying
3 Fleet Foxes – Helplessness Blues
4 Jonathan Wilson – Gentle Spirit
5 Kate Bush – 50 Words For Snow
6 White Denim – D
7 Josh T Pearson – Last Of The Country Gentlemen
8 Anna Calvi – Anna Calvi
9 Tom Waits – Bad As Me
10 Wild Beasts – Smother

Rolling Stone(US)

1 Adele – 21
2 Jay-Z & Kanye West – Watch The Throne
3 Paul Simon – So Beautiful Or So What
4 Fleet Foxes – Helplessness Blues
5 Radiohead – The King Of Limbs
6 Lady Gaga – Born This Way
7 The Decemberists – The King Is Dead
8 Wilco – The Whole Love
9 Wild Flag – Wild Flag
10 Robbie Robertson – How To Become Clairvoyant

SPIN(US)

1 Fucked Up – David Comes To Life
2 PJ Harvey – Let England Shake
3 EMA – Past Life Martyred Saints
4 Kurt Vile – Smoke Ring For My Halo
5 Girls – Father, Son, Holy Ghost
6 Danny Brown – XXX
7 The Rapture – In The Grace Of Your Love
8 G-Side – The One…Cohesive
9 Wild Flag – Wild Flag
10 Lykke Li – Wounded Rhymes

Billboard(US)

1 Adele – 21
2 Bon Iver – Bon Iver
3 Jay-Z & Kanye West – Watch The Throne
4 Frank Ocean – Nostalgia,Ultra
5 Drake – Take Care
6 Fucked Up – David Comes To Life
7 The Weeknd – House Of Balloons
8 Florence & The Machine – Ceremonials
9 James Blake – James Blake
10 The Joy Formidable – The Big Roar

Pitchfork(US)

1 Bon Iver – Bon Iver
2 Destroyer – Kaputt
3 M83 – Hurry Up, We’re Dreaming
4 PJ Harvey – Let England Shake
5 Girls – Father, Son, Holy Ghost
6 Oneohtrix Point Never – Replica
7 tUnE-yArDs – w h o k i l l
8 Drake – Take Care
9 Real Estate – Days
10 The Weeknd – House Of Balloons

そして、各メディアのベスト10に1位10点~10位1点で点数をつけた総合ランキングがこちら!*( )の中はランクインしている媒体数

1 PJ HARVEY 55(6)
2 BON IVER 28(4)
  ADELE 28(3)
4 JAY-Z & KANYE WEST 22(3)
  THE HORRORS 22(3)
6 METRONOMY 17(2)
7 FLEET FOXES 15(2)
  FUCKED UP 15(2)
9 KURT VILE 13(2)
  FLORENCE + THE MACHINE 13(2)

というわけで、2011年の顔は1000万枚セールスのADELE…ではなくて、2位にダブルスコアをつけたPJ HARVEY!UKでは圧勝、USでも確実に支持を集めました。すでに『LET ENGLAND SHAKE』は、『Stories from the City, Stories from the Sea』以来10年ぶりにマーキュリー・プライズを受賞し、PJ HARVEYはマーキュリー・プライズを2度獲得した初のアーティストとなりました。それにしてもグラミー組として貫録の2位ランクインを果たしているADELEとBON IVERにダブルスコアとは驚き。「アデルよりも、フローレンスよりも、やっぱポーリーだぜ!」っていうのは世代的にも嬉しいです。

国別の状況を見ると、UKで圧倒的な人気なのがTHE HORRORSとMETRONOMY、USで人気なのがFUCKED UP(カナダだけど)という感じですね。バンドはいまだにUSに押されてる印象の強いUKですが、この2つにBOMBAY BICYCLE CLUBあたりも加えて、インテリジェンスのあるバンドがしっかり評価を受けていることを考えると、決して悪い状況ではないのかなと思ったりもします。

聴き逃しがあれば、ぜひチェックしてみてください!
[PR]
by ashadeofshyness | 2012-02-03 00:51 | YEAR IN MUSIC
<< 2012年1月~3月の国内ロッ... ALBUM OF THE YE... >>