音楽ライター・金子厚武のブログ
by ashadeofshyness
カテゴリ
日記
インタビュー
YEAR IN MUSIC
ウィークリー・レコメンド
コラム
以前の記事
2016年 12月
2016年 01月
2015年 12月
more...
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ALBUM OF THE YEAR 2012<DOMESTIC> 21-30

b0127040_21483229.jpg









30 中村一義 / 対音楽
実に10年ぶりとなった中村一義名義の新作。くるり、サニーデイ、ベボベ、100sと共に「世代の歌」を響かせた武道館での15周年公演に涙。

b0127040_214909.jpg









29 PLASTICZOOMS / STARBOW
リスナー的感性で「今」ではなく「一歩先」のシンセ・ポップを鳴らした快作。
彼らがホラーズと並んでいるのは、見た目ではなく、感性である。

b0127040_21492750.jpg









28 踊ってばかりの国 / FLOWER
ティン・パン・アレー meets USサイケデリアな音楽性も、言葉の切れ味もキレッキレ。
早期の活動再開を願うばかり。

b0127040_21495342.jpg









27 昆虫キッズ / こおったゆめをとかすように
「成熟」という言葉が似合わないバンドは、それでも、3枚目のアルバムでここまでたどり着いた。何かを失いながら、それでも時間は進んでいく、“クレイマー、クレイマー”の美しさよ。

b0127040_21501626.jpg









26 ZAZEN BOYS / すとーりーず
向井の持つ音楽性が一巡した感のあった『4』から、4年の歳月をかけてひねりあげた11篇の物語。日本のロック・バンドのアンサンブルを変えた男が、その何度目かの再構築を目指した意欲作。

b0127040_21503779.jpg









25 QUATTRO / 4
「ロックンロール・リヴァイヴァル」も「トロピカル・ポップ」も、もはや不要のオリジナリティ。「kings」とそれ以降をつなぐ彼らの存在は、もっともっとクローズアップされるべき。

b0127040_2151312.jpg









24 group_inou / DAY
誰にも寄りかからず、どこにも属さず、ひたすら磨き続けた刀の鋭さときたら。
やわなエレクトロ・ポップには太刀打ちできない、妖刀村雨のごときアルバム。

b0127040_21512863.jpg









23 チャットモンチー / 変身
メジャーからのリリースにあるまじき、超ローファイなベースレス・ロック。
誰もが歩くオブジェでも、あなたの代わりは誰一人としていません。

b0127040_21515978.jpg









22 EVISBEATS / ひとつになるとき
スピリチュアルで、エキゾチックで、めっちゃメロウな、極上の極東ヒップホップ。
田我流参加の“ゆれる”もいいけど、鴨田潤作詞の“いい時間”がとにかく泣きの名曲。

b0127040_21522332.jpg









21 LAMA / Modanica
ポスト・ダブステップのシーンと並走しながらも、あくまで日本人の鳴らすポップミュージック。「やっぱりとんでもなくすごかった」と言うしかない。
[PR]
by ashadeofshyness | 2013-01-07 22:49 | YEAR IN MUSIC
<< ALBUM OF THE YE... ALBUM OF THE YE... >>