音楽ライター・金子厚武のブログ
by ashadeofshyness
カテゴリ
日記
インタビュー
YEAR IN MUSIC
ウィークリー・レコメンド
コラム
以前の記事
2016年 12月
2016年 01月
2015年 12月
more...
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ALBUM OF THE YEAR 2012<DOMESTIC> 1-10

b0127040_23282828.jpg









10 赤い公園 / ランドリーで漂白を
群雄割拠のガールズバンドの中にあって、アタマ一つ抜けて際立っていた4人。
津野さんはめちゃめちゃ作曲能力が高いと思うので、早期の復活に期待してます。

b0127040_2329031.jpg









9 The SALOVERS / 珍文完聞 -Chin Bung Kan Bung-
まだまだこれからだけど、才能の片鱗は確かに感じさせたメジャー1st。
田中茉裕さんとのデュエットはよかったなあ。

b0127040_23291826.jpg









8 曽我部恵一BAND / 曽我部恵一BAND
夢を乗せた魔法のバスは、ギュウギュウ詰めの満員電車に。
改めて現実の社会と向き合った、渾身のセルフタイトル作。

b0127040_23293597.jpg









7 Turntable Films / Yellow Yesterday
セカンドロイヤルの10周年イヤーを飾った、洋楽的邦楽の最先端。7人編成でのライブに、年末には初の日本語詞曲も発表と、もっともっと行けそう。

b0127040_2329586.jpg









6 Qomolangma Tomato / カジツ
「オルタナティブなギターロック」がかつての勢いを失っている今、一人気を吐いたのがチョモだった。震災と原発事故以降の重苦しいムードを反映しつつも、あくまでフレッシュに鳴らした傑作。

b0127040_23302135.jpg









5 トクマルシューゴ / In Focus?
誰もがこっそり期待していた「RUM HEE」以降のポップでリズミカルなトクマルがここに。年末のSHIBUYA AX公演ではライブバンドとしても過去最高の充実ぶり。

b0127040_23304142.jpg









4 People In The Box / Ave Materia
“八月”のラストのリフレインに「?」を浮かべたら、もうあなたはピープルの虜。カフカを信奉する日本ギターロック界の問題児は、「社会正義」を掲げて今日も悪だくみ。

b0127040_2331443.jpg









3 cero / My Lost City
2009年のダーティー・プロジェクターズ『Bitte Orca』的な一枚。
つまりは、満場一致で2012年のインディロックを代表する名盤ということ。

b0127040_23312317.jpg









2 きのこ帝国 / 渦になる
青くて、フラジャイルで、ポップで、美しくて、暴力的で…とにかく、そのバランスが秀逸。
凡百のシューゲイズバンドとは比べ物にならない、間違いなく本物。

b0127040_23315331.jpg









1 くるり / 坩堝の電圧
かつて自らに投げかけた「HOW TO GO?」という問いが、意味を変えて再び投げかけられた2012年。初めて過去を振り返りながら、それでも岸田繁は「進め」と歌った。
[PR]
by ashadeofshyness | 2013-01-15 00:21 | YEAR IN MUSIC
<< PRIVATE SOUNDTR... ALBUM OF THE YE... >>