音楽ライター・金子厚武のブログ
by ashadeofshyness
カテゴリ
日記
インタビュー
YEAR IN MUSIC
ウィークリー・レコメンド
コラム
以前の記事
2016年 12月
2016年 01月
2015年 12月
more...
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


英米の主要音楽メディアのベスト・アルバムで振り返る2012年

b0127040_23542386.jpg


毎年恒例、UKとUSの主要メディアが年末に発表したベスト・アルバムを数値化して、トータルでのベストや、国ごとの傾向を探ろうという企画です。昨年まではUKがNME、Q、UNCUT、MOJO、USがRollingStone、SPIN、Billboard、Pitchforkだったのですが、今年はQがベスト50を順位をつけずに発表したので、代わりにThe Gurdianを入れてます。では、早速各メディアのベスト10を見ていきましょう!


NME(UK)

1 Tame Impala – Lonerism
2 Grimes – Visions
3 Frank Ocean - Channel Orange
4 Crystal Castles - (III)
5 ∆ (Alt-J) - An Awesome Wave
6 The Maccabees - Given to the Wild
7 Pond - Beard, Wives, Denim
8 The Cribs - In the Belly of the Brazen Bull
9 Jake Bugg - Jake Bugg
10 Jack White - Blunderbuss

UNCUT(UK)

1 Leonard Cohen - Old Ideas
2 Bob Dylan – Tempest
3 Jack White – Blunderbuss
4 Dr. John - Locked Down
5 Frank Ocean - Channel Orange
6 Bill Fay - Life Is People
7 Ty Segall & White Fence – Hair
8 Grizzly Bear – Shields
9 Neil Young and Crazy Horse - Psychedelic Pill
10 Bruce Springsteen - Wrecking Ball

MOJO(UK)

1 Jack White – Blunderbuss
2 Frank Ocean - Channel Orange
3 Bill Fay - Life Is People
4 Leonard Cohen - Old Ideas
5 Dexys - One Day I'm Going to Soar
6 The Black Keys - El Camino
7 Django Django - Django Django
8 Dr. John - Locked Down
9 Julia Holter – Ekstasis
10 Bob Dylan - Tempest

The Guardian(UK)

1 Frank Ocean - Channel Orange
2 Grimes – Visions
3 Jessie Ware – Devotion
4 Dirty Projectors - Swing Lo Magellan
5 Kendrick Lamar - good kid, m.A.A.d. city
6 Tame Impala – Lonerism
7 ∆ (Alt-J) - An Awesome Wave
8 The xx – Coexist
9 Hot Chip - In Our Heads
10 Bobby Womack - The Bravest Man in the Universe

RollingStone(US)

1 Bruce Springsteen - Wrecking Ball
2 Frank Ocean - Channel Orange
3 Jack White – Blunderbuss
4 Bob Dylan – Tempest
5 Fiona Apple - The Idler Wheel
6 Kendrick Lamar - good kid, m.A.A.d. city
7 Edward Sharpe & the Magnetic Zeros – Here
8 Green Day - ¡Uno!
9 Japandroids - Celebration Rock
10 Neil Young and Crazy Horse - Psychedelic Pill

SPIN(US)

1 Frank Ocean - Channel Orange
2 Kendrick Lamar - good kid, m.A.A.d. city
3 Japandroids - Celebration Rock
4 DJ Rashad - Teklife Vol. 1: Welcome To The Chi
5 Miguel - Kaleidoscope Dream
6 Bat For Lashes - The Haunted Man
7 Swans - The Seer
8 Killer Mike - R.A.P. Music
9 Ty Segall – Twins
10 Santigold - Master of My Make-Believe

Billboard(US)

1 Frank Ocean - Channel Orange
2 Kendrick Lamar - good kid, m.A.A.d. city
3 Miguel - Kaleidoscope Dream
4 Jessie Ware – Devotion
5 Taylor Swift – Red
6 Beach House – Bloom
7 Bruce Springsteen - Wrecking Ball
8 Cloud Nothings – Attack on Memory
9 Cat Power – Sun
10 ∆ (Alt-J) - An Awesome Wave

Pitchfork(US)

1 Kendrick Lamar - good kid, m.A.A.d. city
2 Frank Ocean - Channel Orange
3 Fiona Apple - The Idler Wheel
4 Tame Impala – Lonerism
5 Swans - The Seer
6 Grimes – Visions
7 Beach House – Bloom
8 Chromatics - Kill for Love
9 Death Grips - The Money Store
10 Grizzly Bear - Shields


そして、各メディアのベスト10に1位10点~10位1点で点数をつけた総合ランキングがこちら!*( )の中はランクインしている媒体数

1 FRANK OCEAN 71(8)
2 KENDRICK LAMAR 39(5)
3 JACK WHITE 27(4)
4 GRIMES 23(3)
5 TAME IMPALA 22(3)
6 BOB DYLAN 17(3)
  LEONARD COHEN 17(2)
8 BRUCE SPRINGSTEEN 15(3)
  JESSIE WARE 15(2)
10 FIONA APPLE 14(2)
  MIGUEL 14(2)

というわけで、2012年はFromオッドフューチャー、フランク・オーシャンの圧勝!唯一すべてのメディアでランクインを果たし、ナショナルチャートでもUS・UK共に2位を獲得、グラミーでは主要3部門含む6部門にノミネートと、完全に昨年の顔でした。以下の顔ぶれを見ると、ケンドリック・ラマーやブルース・スプリングスティーンが本国USで圧倒的に支持されているのに対し、ジャック・ホワイトはUKでの支持の方が高かったりするのが面白いですね。米高英低の流れはより強まって、イギリスからランクインしたのはエイミー・ワインハウス~アデルの流れを汲んだデーヴァ、ジェシー・ウェアのみ。また、バンドはオーストラリアからの異端児テイム・インパラのみで、ベテランの再評価も目立つあたりは、バンドに元気がないと言われ、山下達郎やユーミンが再評価された日本とも状況的に近いと言ってもいいのかも。

まあ、なんにしろ、インディ・メディアからも、権威的な賞レースからも同等の評価を獲得し、セールスもしっかりついてきてるフランク・オーシャンのような存在は、2012年の日本にはいなかったように思います。まあ、アイコンと言う意味で近かったのは、星野源ってことになるのかな。あとは、年明けに渋公を成功させた七尾旅人か。でも、リアルにフランク・オーシャンに近いのは、やっぱケンヒライだよな…ということで、おしまい。



[PR]
by ashadeofshyness | 2013-01-26 23:59 | YEAR IN MUSIC
<< ALBUM OF THE YE... PRIVATE SOUNDTR... >>