音楽ライター・金子厚武のブログ
by ashadeofshyness


英米の主要音楽メディアのベスト・アルバムで振り返る2012年

b0127040_23542386.jpg


毎年恒例、UKとUSの主要メディアが年末に発表したベスト・アルバムを数値化して、トータルでのベストや、国ごとの傾向を探ろうという企画です。昨年まではUKがNME、Q、UNCUT、MOJO、USがRollingStone、SPIN、Billboard、Pitchforkだったのですが、今年はQがベスト50を順位をつけずに発表したので、代わりにThe Gurdianを入れてます。では、早速各メディアのベスト10を見ていきましょう!


NME(UK)

1 Tame Impala – Lonerism
2 Grimes – Visions
3 Frank Ocean - Channel Orange
4 Crystal Castles - (III)
5 ∆ (Alt-J) - An Awesome Wave
6 The Maccabees - Given to the Wild
7 Pond - Beard, Wives, Denim
8 The Cribs - In the Belly of the Brazen Bull
9 Jake Bugg - Jake Bugg
10 Jack White - Blunderbuss

UNCUT(UK)

1 Leonard Cohen - Old Ideas
2 Bob Dylan – Tempest
3 Jack White – Blunderbuss
4 Dr. John - Locked Down
5 Frank Ocean - Channel Orange
6 Bill Fay - Life Is People
7 Ty Segall & White Fence – Hair
8 Grizzly Bear – Shields
9 Neil Young and Crazy Horse - Psychedelic Pill
10 Bruce Springsteen - Wrecking Ball

MOJO(UK)

1 Jack White – Blunderbuss
2 Frank Ocean - Channel Orange
3 Bill Fay - Life Is People
4 Leonard Cohen - Old Ideas
5 Dexys - One Day I'm Going to Soar
6 The Black Keys - El Camino
7 Django Django - Django Django
8 Dr. John - Locked Down
9 Julia Holter – Ekstasis
10 Bob Dylan - Tempest

The Guardian(UK)

1 Frank Ocean - Channel Orange
2 Grimes – Visions
3 Jessie Ware – Devotion
4 Dirty Projectors - Swing Lo Magellan
5 Kendrick Lamar - good kid, m.A.A.d. city
6 Tame Impala – Lonerism
7 ∆ (Alt-J) - An Awesome Wave
8 The xx – Coexist
9 Hot Chip - In Our Heads
10 Bobby Womack - The Bravest Man in the Universe

RollingStone(US)

1 Bruce Springsteen - Wrecking Ball
2 Frank Ocean - Channel Orange
3 Jack White – Blunderbuss
4 Bob Dylan – Tempest
5 Fiona Apple - The Idler Wheel
6 Kendrick Lamar - good kid, m.A.A.d. city
7 Edward Sharpe & the Magnetic Zeros – Here
8 Green Day - ¡Uno!
9 Japandroids - Celebration Rock
10 Neil Young and Crazy Horse - Psychedelic Pill

SPIN(US)

1 Frank Ocean - Channel Orange
2 Kendrick Lamar - good kid, m.A.A.d. city
3 Japandroids - Celebration Rock
4 DJ Rashad - Teklife Vol. 1: Welcome To The Chi
5 Miguel - Kaleidoscope Dream
6 Bat For Lashes - The Haunted Man
7 Swans - The Seer
8 Killer Mike - R.A.P. Music
9 Ty Segall – Twins
10 Santigold - Master of My Make-Believe

Billboard(US)

1 Frank Ocean - Channel Orange
2 Kendrick Lamar - good kid, m.A.A.d. city
3 Miguel - Kaleidoscope Dream
4 Jessie Ware – Devotion
5 Taylor Swift – Red
6 Beach House – Bloom
7 Bruce Springsteen - Wrecking Ball
8 Cloud Nothings – Attack on Memory
9 Cat Power – Sun
10 ∆ (Alt-J) - An Awesome Wave

Pitchfork(US)

1 Kendrick Lamar - good kid, m.A.A.d. city
2 Frank Ocean - Channel Orange
3 Fiona Apple - The Idler Wheel
4 Tame Impala – Lonerism
5 Swans - The Seer
6 Grimes – Visions
7 Beach House – Bloom
8 Chromatics - Kill for Love
9 Death Grips - The Money Store
10 Grizzly Bear - Shields


そして、各メディアのベスト10に1位10点~10位1点で点数をつけた総合ランキングがこちら!*( )の中はランクインしている媒体数

1 FRANK OCEAN 71(8)
2 KENDRICK LAMAR 39(5)
3 JACK WHITE 27(4)
4 GRIMES 23(3)
5 TAME IMPALA 22(3)
6 BOB DYLAN 17(3)
  LEONARD COHEN 17(2)
8 BRUCE SPRINGSTEEN 15(3)
  JESSIE WARE 15(2)
10 FIONA APPLE 14(2)
  MIGUEL 14(2)

というわけで、2012年はFromオッドフューチャー、フランク・オーシャンの圧勝!唯一すべてのメディアでランクインを果たし、ナショナルチャートでもUS・UK共に2位を獲得、グラミーでは主要3部門含む6部門にノミネートと、完全に昨年の顔でした。以下の顔ぶれを見ると、ケンドリック・ラマーやブルース・スプリングスティーンが本国USで圧倒的に支持されているのに対し、ジャック・ホワイトはUKでの支持の方が高かったりするのが面白いですね。米高英低の流れはより強まって、イギリスからランクインしたのはエイミー・ワインハウス~アデルの流れを汲んだデーヴァ、ジェシー・ウェアのみ。また、バンドはオーストラリアからの異端児テイム・インパラのみで、ベテランの再評価も目立つあたりは、バンドに元気がないと言われ、山下達郎やユーミンが再評価された日本とも状況的に近いと言ってもいいのかも。

まあ、なんにしろ、インディ・メディアからも、権威的な賞レースからも同等の評価を獲得し、セールスもしっかりついてきてるフランク・オーシャンのような存在は、2012年の日本にはいなかったように思います。まあ、アイコンと言う意味で近かったのは、星野源ってことになるのかな。あとは、年明けに渋公を成功させた七尾旅人か。でも、リアルにフランク・オーシャンに近いのは、やっぱケンヒライだよな…ということで、おしまい。



[PR]
by ashadeofshyness | 2013-01-26 23:59 | YEAR IN MUSIC
<< ALBUM OF THE YE... PRIVATE SOUNDTR... >>