音楽ライター・金子厚武のブログ
by ashadeofshyness
カテゴリ
日記
インタビュー
YEAR IN MUSIC
ウィークリー・レコメンド
コラム
以前の記事
2017年 08月
2016年 12月
2016年 01月
more...
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ALBUM OF THE YEAR 2013<DOMESTIC>41-50

b0127040_16243135.jpg









50 The Acid House. / The Acid House.
配信のみで発表された踊ってばかりの国の下津光史による全編英語詞のソロプロジェクト。言葉を重視しない分のリラックスした作風が、彼のソングライターとしての、シンガーとしての魅力を改めて浮き彫りにしている。

b0127040_1624519.jpg









49 テスラは泣かない。 / Anderson
MO'SOME TONEBENDERのオルタナ感とサイケデリア、THE JERRY LEE PHANTOMのリフレインとダンスビートを兼ね備えた鹿児島の雄。2014年は共にメジャーデビューするゲスの極み乙女。と共に形骸化した「ダンスロック」をひっくり返してほしい。

b0127040_16252364.jpg









48 nhhmbase / 3 1/2
5年ぶりの新作が遂にお目見え。バンドは新体制となるも、最終的には首謀者のマモルが一人で作り上げた渾身の一枚。匠の技によって骨組みのみで構築された、ポップ曼荼羅の設計図。

b0127040_1625394.jpg









47 うみのて / IN RAINBOW TOKYO
『KID A』で911後の世界を予言したトム・ヨークに対し、うるう年生まれのササ・ヨークはこのアルバムで「笑っていいとも」の終了を予言した。言いたいことはどちらも、「もはや平和ではない」。躁ですね。

b0127040_16255941.jpg









46 カメラ=万年筆 / bamboo boat
濃厚な前作からは一転、近しい仲間と共に作られた軽快な一枚。年末には佐藤優介がスカートの澤部と共にカーネーション・トリビュートを企画するなど、一年を通して昭和音大勢の動向が気になる一年だった。

b0127040_16261365.jpg









45 Alfred Beach Sandal / Dead Montano
今もブルックリンと東京のインディ・シーンが呼応し合い、裾野が広がり続けていることを示しているかのような、エキゾポップの良盤。リズミカルな歌の節回しは、RADWIMPSとか好きな人にも十分受ける気がする。

b0127040_1626338.jpg









44 椎名もた / アルターワー・セツナポップ
サカナクションと宇多田ヒカルを愛する未だ十代のボカロネイティブによる成長痛の一枚。さよならだけが答えじゃない。切なくもさわやかな後味。

b0127040_16265847.gif









43 DALLJUB STEP CLUB / DAL ST
自らライブハウスにサウンドシステムを持ち込み、ジュークやダブステップを生演奏する新進気鋭の低音バンド。Alaska Jamの森心言が加入し、2014年はさらなるブレイクに期待。

b0127040_16271425.jpg









42 Serph / el esperanka
女性シンガーとのユニット、N-qiaとしてのリリースもあった孤高の電子音楽家は、いよいよユートピアから地上へと降臨し、力強い希望を鳴らしてみせた。1/11にリキッドルームで行われる初ライブは、果たしてどんなものになるだろうか?

b0127040_16273354.jpg









41 THE NOVEMBERS / zeitgeist
UK PROJECTを離れ、自主レーベルMERZからのリリース。downyの青木ロビンを迎えての、脱ロック・バンド化した音楽的熟成を踏まえ、作り手にも聴き手にも主体性の意味を突きつける、真摯なバンドによる野心作だ。
[PR]
by ashadeofshyness | 2014-01-05 17:31 | YEAR IN MUSIC
<< ALBUM OF THE YE... ウィークリー・レコメンド Ju... >>