音楽ライター・金子厚武のブログ
by ashadeofshyness
カテゴリ
日記
インタビュー
YEAR IN MUSIC
ウィークリー・レコメンド
コラム
以前の記事
2017年 08月
2016年 12月
2016年 01月
more...
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ALBUM OF THE YEAR 2013<DOMESTIC>31-40

b0127040_17424633.jpg









40 geek sleep sheep / Nightporter
LAMAや現在のART-SCHOOLなど、90年代後半のヒーローたちの再編が行われ、まさかこんな3ピースが生まれるとは。そして、モーサムよりも、ソロよりも、ツインボーカルによって百々のロマンチックな側面がピックアップされた結果、どこかスーパーカーすら連想させる作品になるとは。

b0127040_1743364.jpg









39 Fla$hBackS / Fl$8ks
全員がMCでありトラックメイカーというフレッシュな若き才能であるだけではなく、ヒップホップシーンの「あまちゃん」ことjjjの存在も話題となった3人組によるファーストインパクト。こうゆう偶然は、案外甘く見ない方がいい。

b0127040_17435698.jpg









38 taffy / Lixiviate
NMEをはじめとしたイギリスの主要メディアが絶賛し、逆輸入された4人組。何度目かのブリットポップ・リバイバルというよりは、00年前後の下北沢ギターロック・リバイバルの機運を感じる。

b0127040_17441289.jpg









37 相対性理論 / TOWN AGE
女子バンドもアイドルもボカロも全部含めて、今の日本の音楽シーンの基盤はこのバンドによって築かれたといっても決して過言ではない。新体制による一作目は、ソロも含めたこれまでの経験を注ぎ込み、後進バンドとの違いをはっきりと示してみせた。

b0127040_17443598.jpg









36 plenty / this
オルタナ感のあるロック・バンドだったのはすでに昔の話、あくまで演奏は曲に寄り添い、何より歌と言葉を聴かせることで、彼らはどこにもないポジションを築きつつある。ストリングスを配したリアレンジ集も発表し、世武裕子を迎えるなどの新展開も。

b0127040_17444733.jpg









35 Veni Vidi Vicious / T.I.N.T.L.A
ミイラズやチェコといった同胞がメジャーへと進出していく中、自主レーベルからそっと発表されたひさびさの新作には、ラジカルなソングライターとしてのジュリアン・カサブランカスに呼応する日本屈指のロックンローラー、入江良介の魅力があふれている。そう、今こそがTime For Heroesさ。

b0127040_17445998.jpg









34 Seiho / Abstraktsex
まずは何と言ってもアンセム化した“I Feel Rave”の甘美でエモーショナルな衝撃。また、Day Tripper Recordsを主宰し、デジタルとフィジカルを巧みに使い分けるその手腕は、tofubeatsと並んで関西の顔に相応しいものだった。

b0127040_17451292.jpg









33 Mop of Head / Breaking Out Basis
結局は、異端者だけが生き残る。ロックやジャズが混在するポストロック勢も、歪んだシンセベースと四つ打ちで盛り上がったエレクトロ勢も、時間とともに衰退していく中、そのすべてを両手に掴んだまま駆け抜けてきた稀有なインスト・バンドは、ここにそのベーシックを刻み付けた。

b0127040_17452826.jpg









32 Babi / Botanical
生粋のDIY系女子であり、また素晴らしい作編曲能力を持ったチェンバーポップ女子?でもある彼女の存在は、女性シンガーソングライターが盛り上がった2013年の中でも、ひときわ特別な存在感を放っていた。

b0127040_17454168.jpg









31 ヤーチャイカ / ふぁるすふろむあばゔ
THE YELLOW MONKEY(もしくはB'z)の系譜を受け継ぐ歌謡ハードロックをバックボーンとしながらも、決してJ-ROCKにはならず、プログレッシヴで、サイケデリックで、純粋にロックバンドとしてかっこいいバンド。こうゆうバンドこそ売れてほしいんだよなあ。
[PR]
by ashadeofshyness | 2014-01-05 18:43 | YEAR IN MUSIC
<< ALBUM OF THE YE... ALBUM OF THE YE... >>