音楽ライター・金子厚武のブログ
by ashadeofshyness
カテゴリ
日記
インタビュー
YEAR IN MUSIC
ウィークリー・レコメンド
コラム
以前の記事
2016年 12月
2016年 01月
2015年 12月
more...
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ALBUM OF THE YEAR 2013<DOMESTIC>21-30

b0127040_20184975.jpg









30 MY WAY MY LOVE / The Fact Is
年明けのおとぎ話を皮切りに、そのまんま“ふれーみんぐりっぷす”という曲を発表した後藤まりこに至るまで、今年も「日本のTHE FLAMING LIPS」争いは熾烈だったものの、ドラッギーでぶっ壊れたポップという意味で、今年最もその称号に相応しかったのは、短くないキャリアを誇るこのバンドだった。

b0127040_2030431.jpg









29 yukaD / Exhibition
2010年にostoandellを解散したyukaDによるソロデビュー作は、もちろんROSE RECORDSから。作詞作曲はもちろん、演奏から録音・ミックスまでを自らこなすようになった今も、類まれなるポップセンスは健在。“夜明けのうた”という名曲を産み落とした。

b0127040_20353821.jpg









28 Galileo Galilei / ALARMS
POP ETCのクリストファー・チュウを共同プロデューサーに迎えた、過去最高にポップな名盤。HAPPYやThe fin.など、関西から洋楽寄りの有望新人が現れ始めているが、彼らは今もなお北海道の地で自分たちの音楽を研ぎ澄ませ続けている。

b0127040_20361166.jpg









27 長谷川健一 / 423
京都の歌うたいがジム・オルークと邂逅。石橋英子、山本達久、波多野敦子という近年ほぼチームとして活動している強力なサポートメンバーの協力も得て完成した素晴らしい作品。12月にはゴッチと組んで、NUMBER GIRLからPeople In The Boxまでをカバーした『my favorite things』も発表。

b0127040_20364688.jpg









26 NILE LONG / Diggin' It Up
今年は動きのなかったkingsのバンドの中にあって、エレクトロポップからR&Bへと接近し、最も海外とのシンクロを感じさせたのが、この元TBAメンバーによる新バンド。2月でボーカルのSIMが脱退とのことで、とっても残念。

b0127040_20372911.jpg









25 清竜人 / WORK
本人がフェイバリットに挙げる立原あゆみの漫画『本気!』に出てきそうなチンピラルックで周囲を驚かせた竜人だが、楽曲のオリジナリティはそれ以上。前作のアイドル~アニソン路線並みの情報量を生演奏で再現し、ブラックミュージックもクラシックも混ぜ込んだ、異形のポップアルバムが完成した。

b0127040_20523627.jpg









24 SuiseiNoboAz / ubik
誰もが驚き、そしてエールを送ったメジャーデビューの一報。その後に届いたのは、シンセを用いた穏やかでノスタルジーを感じさせる作風へと変化しながらも、やはりボアズらしいとしか言いようのない、武骨なロマンティシズムに溢れた作品だった。惚れ直しました。

b0127040_22555791.jpg









23 THE MIRRAZ / 夏を好きになるための6の法則
年明けのメジャーデビューアルバムから4か月、いろいろあってリリースされた新旧織り交ぜてのミニアルバムは、結果的に畠山承平のソングライティング力の高さを証明した名曲集。なんだかんだで、やっぱり肝は“NEW WORLD”。この曲は今の日本でこそ多くの人に聴かれるべき。

b0127040_20535948.jpg









22 COMEBACK MY DAUGHTERS / Mira
ボアズ以上に驚いたのが、このバンドのメジャーデビュー。しかし、インディーフォークのムーヴメントとシンクロしつつも、エモやパワーポップといった自らの出自も素直に落とし込んだこの傑作を聴けば、これはベストなタイミングだったように思える。THE STROKESとのまさかの“Take On Me”被りは笑ったなあ。

b0127040_2253149.jpg









21 曽我部恵一 / 超越的漫画
ベストアルバムを経て届けられた曽我部恵一のニューモードは、いい人ばかりではいられない、「バカばっかり」と愚痴をこぼす自分もそのまま詰め込んだ、まさに「曽我部そのまま」の作品。言ってみれば、2枚目のセルフタイトル作のようなものかも。しかも、間髪入れず発表されたシングルが“汚染水”だ。さあ、またしてもこの人から目が離せなくなってきた。
[PR]
by ashadeofshyness | 2014-01-05 22:53 | YEAR IN MUSIC
<< ALBUM OF THE YE... ALBUM OF THE YE... >>