音楽ライター・金子厚武のブログ
by ashadeofshyness
カテゴリ
日記
インタビュー
YEAR IN MUSIC
ウィークリー・レコメンド
コラム
以前の記事
2016年 12月
2016年 01月
2015年 12月
more...
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Sound of 2015①



Shiggy Jr.

インターネットの世界では「2014年の顔」と言ってもおかしくない盛り上がりを見せたShiggy Jr.。チャットモンチーもCAPSULEも山下達郎もDAFT PUNKもケイティ・ペリーもEARTH,WIND & FIREも同列な世代が提示する新たなJ-POPは、いよいよ今年オーバーグラウンドへと浮上していきそう。



入江陽

そのShiggy Jr.の池田智子がゲスト参加していることも話題の新作『仕事』を1月7日に発表した入江陽。ブラックミュージック復権のさなか、岡村靖幸の再評価、清竜人25の登場を経て、今年はソウルフルな男性ソロシンガーにも要注目。そういえば、アイドル化する前の清竜人が残した作品のタイトルは『WORK』でしたね。



Awesome City Club

Shiggy Jr.らとも感覚を共有しつつ、より海外インディロック然とした雰囲気を持つAwesome City Clubは、mabanua(今年のキーパーソンの一人!)をプロデューサーに迎えて4月にビクターからメジャーデビュー。キングヌラリヒョン、thatta、THIS IS PANICなど、それぞれのバンドで活動してきたメンバーが集まって結成されているだけに、たたき上げの底力と覚悟には確かなものがあるはず。



DALLJUB STEP CLUB

「Club」つながりでDALLJUB STEP CLUBも今年いよいよ全国流通盤を発売予定。先日中心メンバーのGOTOによるジューク/フットワークの「叩いてみた」動画がYouTubeにアップされたことも話題を呼んだように、現在進行形のクラブミュージックを生バンドで再現し、パーティー感のある空間を作り上げるライブは必見!



Emerald

昨年9月にファーストアルバム『Nostalgical Parade』を発表したEmeraldは、もはや新人とは呼べないかもしれませんが、引き続き今年も応援。だって、「グラスパー以降」を感じさせる素晴らしい演奏と、チルウェイブ~インディR&Bの要素も盛り込んだサイケデリックなサウンド、そしてソウルフルな男性ボーカルという組み合わせの、こんなバンドは他にいないから。今年はAPOGEEと対バンしてほしいな。
[PR]
by ashadeofshyness | 2015-01-18 16:43 | YEAR IN MUSIC
<< Sound of 2015② ALBUM OF THE YE... >>