音楽ライター・金子厚武のブログ
by ashadeofshyness
カテゴリ
日記
インタビュー
YEAR IN MUSIC
ウィークリー・レコメンド
コラム
以前の記事
2017年 08月
2016年 12月
2016年 01月
more...
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:YEAR IN MUSIC( 44 )

PRIVATE SOUNDTRACK OF 2010

1 the HANGOVERS / 着ぐるみとバルーン
2 andymori / SAWASDEECLAP YOUR HANDS
3 ASIAN KUNG-FU GENERATION / 迷子犬と雨のビート
4 ASH / JOY KICKS DARKNESS
5 太平洋不知火楽団 / たとえば僕が売れたら
6 オワリカラ / 砂場
7 やけのはら / GOOD MORNING BABY
8 WEEKEND / ROMANTISCO~海へ行くつもりだった~
9 Spangle Call Lilli Line / dreamer
10 VAMPIRE WEEKEND / Giving Up the Gun
11 MOP OF HEAD / super human
12 mudy on the 昨晩 / YOUTH
13 cinema staff / 君になりたい
14 dry as dust / グッド モーニング
15 忌井三弦 / DON'T STOP MUSIC
[PR]
by ashadeofshyness | 2011-01-22 12:19 | YEAR IN MUSIC

ALBUM OF THE YEAR 2009<OVERSEAS>

b0127040_2304052.jpg

1 SUPER FURRY ANIMALS / DARK DAYS / LIGHT YEARS
2 PASSION PIT / MANNERS
3 DIRTY PROJECTORS / BITTE ORCA
4 U2 / NO LINE ON THE HORIZON
5 WILCO / WILCO(THE ALBUM)
6 GOMEZ / A NEW TIDE
7 IDLEWILD / POST ELECTRIC BLUES
8 GRAHAM COXON / THE SPINNING TOP
9 SUNSET RUBDOWN / DRAGONSLAYER
10 ANIMAL COLLECTIVE / MERRIWEATHER POST PAVILION
11 ARCTIC MONKEYS / HUMBAG
12 MAJOR LAZER / GUNS DON'T KILL PEOPLE,LAZERS DO
13 JULIAN CASABLANCAS / PHRAZES FOR THE YOUNG
14 WHY? / ESKIMO SNOW
15 AKRON/FAMILY / SET 'EM WILD,SET 'EM FREE
16 TYONDAI BRAXTON / CENTRAL MARKET
17 THE FLAMING LIPS / EMBRYONIC
18 PHOENIX / WOLFGANG AMADEUS PHOENIX
19 KASABIAN / WEST RYDER PAUPER LUNATIC ASYLUM
20 DISCOVERY / LP
21 THE XX / XX
22 FLORENCE + THE MACHINE / LUNGS
23 BAT FOR LASHES / TWO SUNS
24 BUILT TO SPILL / THERE IS NO ENEMY
25 WILD BEASTS / TWO DANCERS
26 JIM O'ROURKE / THE VISITOR
27 HUDSON MOHAWKE / BUTTER
28 BRETT ANDERSON / SLOW ATTACK
29 THE ANTLERS / HOSPICE
30 SONIC YOUTH / THE ETERNAL
次点 GIRLS / ALBUM
次点 MANIC STREET PREACHERS / JOURNAL FOR PLAGUE LOVERS
次点 BASEMENT JAXX / SCARS


【総】主役不在の一年でした。“TV ON THE RADIO?FLEET FOXES?VAMPIRE WEEKEND?”な去年に比べれば“ANIMAL COLLECTIVE!(もしくはKINGS OF LEON。リリース去年だけど)”な今年の方がわかりやすかったかもしれないけど、フジがそうだったように、みんながみんな乗れるタイプじゃなかったし。もはやマイケルは現れないどころか、オアシスもレディオヘッドももう出てこないのかなーという、拡散っぷりを改めて感じた一年でした。そんな中、1位にしたのはSFA。今さらSFAが1位って、自分でもどうなのかなーと思いつつ、前2作で落ち着きつつあったSFAがひさびさにエネルギッシュなサイケデリック・レコードを作ってくれたことがすごく嬉しかったので。グリフはゴリラズの新作にビッグ・ネームに混ざって参加しているので、改めてその存在感が見直されるといいな。

2位のパッション・ピット。これからこの手のバンドが国内でもますます増えると思うんだけど、大事なのはスタイルじゃないってことだよね。パッション・ピットの場合はやっぱりソング。あと先日の来日公演でシンガーも素晴らしいなと思いました。3位ダーティー・プロジェクターズはブルックリンものの中で一番好き。4位・5位のU2とウィルコはさすがの仕上がり。U2は賛否が分かれたけど、僕は素晴らしい作品だったと思う。6位・7位のゴメスとアイドルワイルドは、個人的に好き過ぎるので。共に素晴らし過ぎた前作には及ばなかったものの、良質な作品でした。8位のグレアムやブレットは、ブリット・ポップ世代が今も成長を続けてることを示してくれました。ブラーとスウェードが復活もしくは復活を発表したのは、やっぱり彼らが満足のいくレコードをソロで作れたからだと思う。マルクマスがやっとペイヴメントを再始動させたのもそうゆうことだったと思うんだよね。


今年はDECADEの始まりだし、おっきな波が来るといいな。
[PR]
by ashadeofshyness | 2010-02-09 02:40 | YEAR IN MUSIC

ALBUM OF THE YEAR 2009<DOMESTIC>

b0127040_4235454.jpg

1 THE BEACHES / ハイヒール Hi Heel
2 THE MIRRAZ / NECESSARY EVIL
3 くるり / 魂のゆくえ
4 ビイドロ / 冗談の王様
5 YOMOYA / Yoi Toy
6 APOGEE / 夢幻タワー
7 Discharming Man / dis is the oar of me
8 □□□ / everyday is a symphony
9 OGRE YOU ASSHOLE / フォグランプ
10 FORTWAYNE / DISCORD
11 ズットズレテルズ / 第一集
12 sleepy.ab / paratroop
13 Lillies and Remains / Part of Grace
14 andymori / andymori
15 モーモールルギャバン / 野口、久津川で爆死
16 マヒルノ / ジェネリックミュージック
17 イルリメ / メイド・イン・ジャパニーズ
18 YOLZ IN THE SKY / IONIZATION
19 髭(HiGE) / D.I.Y.H.i.G.E.
20 トクマルシューゴ / RUM HEE
21 PILLS EMPIRE / MIRRORED FLAG
22 100s / 世界のフラワーロード
23 つしまみれ / あっ、海だ。
24 HANDSOMEBOY TECHNIQUE / TERRESTRIAL TONE CLUSTER
25 sister jet / 三次元ダンスLP
26 PANICSMILE / A GIRL SUPERNOVA
27 the brixton academy / TBA
28 ワッツーシゾンビ / ZOMBIE FROM EARTH
29 KIRIHITO / QUESTION
30 FRAN-KEY,CRYSTAL & ROGER / LAST NIGHT A DJ...DREAMED TO BE A BAND
31 toe / For Long Tomorrow
32 owllights / POP Konducta
33 THE NEW HOUSE / WANT ALONE BUT HELP ME
34 80kidz / THIS IS MY SHIT
35 ar / LOVE LU LE LO
36 Limited Express(has gone?) / LTD
37 VIDEO / CAMPFIRE
38 e-sound speaker / 風吹きぬける、太陽の夜明け
39 URCHIN FARM / EST
40 your gold,my pink / parade
次点 相対性理論 / ハイファイ新書
次点 チャットモンチー / 告白
次点 THE BAWDIES / THIS IS MY STORY


【総】自分の趣味70%、批評精神30%ぐらい。僕の中での2009年は、やっぱりビーチズとミイラズ。ビーチズはダンス・ロック(と一般的に言われている流れ)、ミイラズは00年代以降の海外シーンから直接的な影響を受けたMySpace世代という、国内の動きとリンクしつつ、ミイラズはもちろん、ビーチズも多国籍ビートという点において海外の動きともリンクし、しかし、結果的には日本人でしか作りえない作品を生み出したことが素晴らしいと思います。MySpace世代は主要どころが一通り初作のリリースを終え、リリーズやピルズなどが充実の作品を残しました。2010年になるとブリクストンが早速素晴らしい作品を発表して、ピルズがフェスを開くなど、相変わらずシーンの動きは活発で、今後が楽しみ。

狂騒的なライブを売りにするバンドの増加に対する揺り戻しであるかのように、歌を大事にするバンドがいい作品を残した一年でもありました。USインディ系のビイドロやYOMOYA、レディオヘッド~シガー・ロス系のスリーピーやarと、出発点は違えども、どちらもちゃんと日本語のポップスに落とし込んでるのがいい。中でもYOMOYAをはじめ、owllightsやVIDEO、シャムキャッツなんかも含め、ペイヴメント的な平熱感は2009年の個人的なキーワードだったかも。そう考えるとレディオヘッドでペイヴメントなAPOGEEこそが2009年の象徴?平熱感という意味では、くるりの作品もそうだったと思う。

オルタナ系はオウガやマヒルノががんばったけど、やや若手が伸び悩んだ印象。ボアズがデビュー作をリリースした今年は巻き返しなるか?一方で、パニスマ、キリヒト、リミテッドと中堅~ベテランが存在感を示し、ディスチャーミング・マンは孤高の輝きを見せた。

個々の作品で言うと、□□□はメディアとリンクした試みの面白さもあったけど、何より作品として素晴らしかった。FORTWAYNEは派手さはないけど良質な名盤。ズレテルズは存在の面白さと、ラキタ君の曲がめっちゃよかった。andymoriはsister jetらと共に日本産ロックンロ-ル・バンドを代表するバンドに。新作は年間ベスト10級の名盤です。スカム・クラムボンなモーモーも曲のクオリティ高かったなあ。


うん、やっぱり日本って面白い!そして僕はポップが好きだ!


というわけで、今日はここまで。海外編はまた明日。
[PR]
by ashadeofshyness | 2010-02-08 04:29 | YEAR IN MUSIC

A HAPPY NEW YEAR

ALBUM OF THE YEAR 2008
selected by Atsutake Kaneko

b0127040_025484.jpg


1 HOT CHIP / MADE IN THE DARK
2 THE VERVE / FORTH
3 VAMPIRE WEEKEND / VAMPIRE WEEKEND
4 FRIGHTENED RABBIT / THE MIDNIGHT ORGAN FIGHT
5 CAJUN DANCE PARTY / THE COLOURFUL LIFE
6 ウリチパン郡 / ジャイアント・クラブ
7 MGMT / ORACULAR SPECTACULAR
8 FOALS / ANTIDOTES
9 YOMOYA / YOURS OURS
10 アナログフィッシュ / FISH MY LIFE
11 YO-MA / SPARKS IN WINTER
12 STEPHEN MALKMUS & THE JICKS / REAL EMOTIONAL TRASH
13 ZAZEN BOYS / ZAZEN BOYS 4
14 MY MORNING JACKET / EVIL URGES
15 WOLF PARADE / AT MOUNT ZOOMER
16 the HANGOVERS / the HANGOVERS,in your room.
17 VELTPUNCH / PAINT YOUR LIFE GRAY
18 BON IVER / FOR EMMA,FOREVER AGO
19 AIR / NAYUTA
20 SHING02 / 歪曲
21 LATE OF THE PIER / FANTASY BLACK CHANNEL
22 KINGS OF LEON / ONLY BY THE NIGHT
23 bed / Response
24 DREVER,McCUSKER&WOOMBLE / BEFORE THE RUIN
25 PASSION PIT / CHUNK OF CHANGE
26 e-sound speaker / 瞬間
27 YOUTHMOVIES / GOOD NATURE
28 DUFFY / ROCKFERRY
29 METRONOMY / NIGHTS OUT
30 GLASVEGAS / GLASVEGAS
31 TV ON THE RADIO / DEAR SCIENCE
32 FLEET FOXES / FLEET FOXES
33 KARINE POLWART / THIS EARTHLY SPELL
34 曽我部恵一BAND / キラキラ!
35 THE LAST SHADOW PUPPETS / THE AGE OF THE UNDERSTATEMENT
36 SPIRITUALIZED / SONGS IN A&E
37 FRIENDLY FIRES / FRIENDLY FIRES
38 THE WALKMEN / YOU&ME
39 SIGUR ROS / 残響
40 NEON NEON / STAINLESS STYLE
41 LOS CAMPESINOS! / HOLD ON NOW YOUNGSTER...
42 BECK / MODERN GUILT
43 THESE NEW PURITANS / BEAT PYRAMID
44 RA RA RIOT / THE RHUMB LINE
45 JAGUAR LOVE / TAKE ME TO THE SEA
46 SHUTA HASUNUMA / POP OOGA
47 THE ZUTONS / YOU CAN DO ANYTHING
48 PADOK / SWEET TOOTH HAVING BITTER DREAMS
49 Lackthereof / YOUR ANCHOR
50 OF MONTREAL / SKELTAL LAMPING GEMINI
次点 THE FRATELLIS / HERE WE STAND
次点 uhnellys / MAWARU
次点 MO'SOME TONEBENDER / SING!
次点 BLACK KIDS / PARTIE TRAUMATIC
次点 SONS & DAUGHTERS / THIS GIFT

*このランキングは80%の個人的趣味と、20%の批評精神によって構成されています。
[PR]
by ashadeofshyness | 2009-01-05 00:21 | YEAR IN MUSIC