音楽ライター・金子厚武のブログ
by ashadeofshyness
カテゴリ
日記
インタビュー
YEAR IN MUSIC
ウィークリー・レコメンド
コラム
以前の記事
2016年 12月
2016年 01月
2015年 12月
more...
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

アーケイド・ファイアのグラミー受賞に寄せて~英米の主要音楽メディアのベスト・アルバムで振り返る2010年

b0127040_0381643.jpg

アーケイド・ファイアの最優秀アルバム賞受賞は流石に驚きました。レディ・ガガやケイティ・ペリーといったポップ・アクトを抑えての受賞は、カリスマ不在のロック・シーンに光明を与えるように思います。いや、アーケイド・ファイアがカリスマであるということがむしろ「カリスマ不在」を象徴してるのか…むにゃむにゃむにゃ。まあ、そういったことを論じるのはひとまず置いておいて、ここではアーケイド・ファイアのグラミー受賞がロック・シーンから見れば妥当だったということを、昨年の主要音楽メディアのベスト・アルバム企画から証明しておこうという話です。取り上げるのはUKから「NME」「Q」「UNCUT」「MOJO」、USから「ROLLING STONE」、「SPIN」、「BILLBOARD」、「PITCHFOLK」の計8メディアです。まずは各トップ10をずらっと並べてみましょう。

NME(UK)
1. These New Puritans - Hidden
2. Arcade Fire - The Suburbs
3. Beach House - Teen Dream
4. LCD Soundsystem - This Is Happening
5. Laura Marling - I Speak Because I Can
6. Foals - Total Life Forever
7. Zola Jesus - Stridulum II
8. Salem - King Night
9. Liars - Sisterworld
10. The Drums - The Drums

Q Magazine(UK)
1. Arcade Fire - The Suburbs
2. Robert Plant - Band of Joy
3. Plan B - The Defamation of Strickland Banks
4. Laura Marling - I Speak Because I Can
5. Vampire Weekend - Contra
6. John Grant - Queen of Denmark
7. Gorillaz - Plastic Beach
8. The National - High Violet
9. Paul Weller - Wake Up the Nation
10. MGMT – Congratulations

UNCUT(UK)
1. JOANNA NEWSOM 「Have One On Me」
2. NEIL YOUNG 「Le Noise」
3. PAUL WELLER 「Wake Up The Nation」
4. ARCADE FIRE 「The Suburbs」
5. ROBERT PLANT 「Band Of Joy」
6. ARIEL PINK'S HAUNTED GRAFFITI 「Before Today」
7. JOHN GRANT 「Queen Of Denmark」
8. ALI FARKA TOURE & TOUMANI DIABATE 「Ali&Toumani」
9. LCD SOUNDSYSTEM 「This Is Happening」
10. GRINDERMAN「Grinderman 2」

MOJO(UK)
1 John Grant - Queen of Denmark
2 Arcade Fire - The Suburbs
3 MGMT - Congratulations
4 Edwyn Collins - Losing Sleep
5 The Black Keys - Brothers
6 Paul Weller - Wakes Up The Nation
7 Midlake - The Courage of Others
8 Phosphorescent - Here's To Taking It Easy
9 The Coral - Butterfly House
10 Doug Paisley - Constant Companion

Rolling Stone(US)
1. Kanye West, 『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』
2. The Black Keys, 『Brothers』
3. Elton John and Leon Russell, 『The Union』
4. Arcade Fire, 『The Suburbs』
5. Jamey Johnson, 『The Guitar Song』
6. Vampire Weekend, 『Contra』
7. Drake, 『Thank Me Late』
8. Robert Plant, 『Band of Joy』
9. Eminem, 『Recovery』
10. LCD Soundsystem, 『This Is Happening』


SPIN(US)
01 Kanye West- 『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』
02 Deerhunter – 『Halcyon Digest』
03 Arcade Fire – 『The Suburbs』
04 LCD Soundsystem – 『This Is Happening』
05 Jamey Johnson – 『The Guitar Song』
06 Janelle Monae – 『The Archandroid』
07 Grinderman – 『Grinderman 2』
08 M.I.A. – 『Maya』
09 Kid Cudi – 『Man On The Moon II: The Legend Of Mr. Rager』
10 Robyn – 『Body Talk Pt. 1』

Billboard(US)
01 Kanye West『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』
02 Arcade Fire『The Suburbs』
03 Robyn『Body Talk Pt. 1』
04 Mumford & Sons『Sigh No More』
05 Beach House『Teen Dream』
06 LCD Soundsystem『This Is Happening』
07 Drake『Thank Me Late』
08 MGMT『Congratulations』
09 Rick Ross『Teflon Don』
10 Big Boi『Sir Lucious Left Foot: The Son of Chico Dusty』

Pitchfork(US)
01 Kanye West – 『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』
02 LCD Soundsystem – 『This Is Happening』
03 Deerhunter – 『Halcyon Digest』
04 Big Boi – 『Sir Lucious Left Foot: The Son of Chico Dusty』
05 Beach House – 『Teen Dream』
06 Vampire Weekend – 『Contra』
07 Joanna Newsom – 『Have One on Me』
08 James Blake – 『The Bells Sketch EP / CMYK EP / Klavierwerke EP』
09 Ariel Pink’s Haunted Graffiti – 『Before Today』
10 Titus Andronicus – 『The Monitor』

そして、各メディアのベスト10に1位10点~10位1点で点数をつけた総合ランキングがこちら!*( )の中はランクインしている雑誌数

1 ARCADE FIRE   59(7)
2 KANYE WEST   40(4)
3 LCD SOUNDSYSTEM   31(6)
4 BEACH HOUSE   20(3)
5 JOHN GRANT   19(3)
6 ROBERT PLANT   18(3)
7 DEERHUNTER   17(2)
8 VAMPIRE WEEKEND   16(3)
9 PAUL WELLER   15(3)
10 THE BLACK KEYS   15(2)

というわけで、8メディア中7つでランクインしたアーケイド・ファイアが納得の第一位!よってグラミー獲得も妥当!ということにしときましょう。ちなみに唯一ベスト10から外してるのが、ピッチフォーク。この辺はある意味流石というとこでしょうか。ベスト・オルタナティヴ賞に選ばれたブラック・キーズもしっかり10位に入っております。

他に目立つとこで言うとやはりカニエですね。なんとUSのメディア全てで1位で、UKでのランクインはなし。いかにUSのロック・メディアで評価されたかがわかります。UKのメディアでポール・ウェラー兄貴と並んで評価されたジョン・グラントはUSのシンガー・ソングライターで、ミッドレイクとの共作が高く評価されました。

ちなみにアーケイド・ファイアは同じようなことをやった2007年のランキングでも、グラミーに新作の発表をぶつけてきたパンクなレディオヘッドに次いで2位を獲得しております。

http://www.fides.dti.ne.jp/~atsutake/BEST2007mag.htm

というわけで、自分の洋楽ベストがあっさりしてたことの補足という意味も込めて、このようなランキングをお届けしてみました。改めて、アーケイド・ファイアおめでとう!



そして、TAKもおめでとう!
YOU ARE MY HERO!
(↑これ、めっちゃ個人的な流行語になりそうな気がしてます)
[PR]
by ashadeofshyness | 2011-02-15 00:44 | YEAR IN MUSIC