音楽ライター・金子厚武のブログ
by ashadeofshyness
カテゴリ
日記
インタビュー
YEAR IN MUSIC
ウィークリー・レコメンド
コラム
以前の記事
2017年 08月
2016年 12月
2016年 01月
more...
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ALBUM OF THE YEAR 2014<DOMESTIC>

b0127040_1682199.jpg


1 Koji Nakamura / Masterpeace
2 くるり / THE PIER
3 石橋英子 / car and freezer
4 APOGEE / OUT OF BLUE
5 踊ってばかりの国 / 踊ってばかりの国
6 OGRE YOU ASSHOLE / ペーパークラフト
7 THE MIRRAZ / OPPORTUNITY
8 吉田ヨウヘイgroup / Smart Citizen
9 森は生きている / グッドナイト
10 bonobos / HYPER FOLK
11 Wienners / DIAMOND
12 Emerald / Nostalgical Parade
13 アナログフィッシュ / 最近のぼくら
14 Czecho No Republic / MANTLE
15 きのこ帝国 / フェイクワールドワンダーランド
16 シャムキャッツ / AFTER HOURS
17 THE NOVEMBERS / Rhapsody in beauty
18 赤い公園 / 猛烈リトミック
19 People In The Box / Wall,Window
20 坂本慎太郎 / ナマで踊ろう
21 ゲスの極み乙女。 / 魅力がすごいよ
22 SOUL FLOWER UNION / UNDERGROUND RAILROAD
23 モールス / 劈開
24 Homecomings / Somehow,Somewhere
25 米津玄師 / YANKEE
26 TAMTAM / Strange Tomorrow
27 蓮沼執太フィル / 時が奏でる
28 ROTH BART BARON / ロットバルトバロンの氷河期
29 tofubeats / First Album
30 キセル / 明るい幻
31 Shiggy Jr. / LISTEN TO THE MUSIC
32 Reliq / Metatropics
33 KIRINJI / 11
34 the telephones / SUPER HIGH TENSION!!!
35 Base Ball Bear / 二十九歳
36 内村イタル & musasaviband / 内村イタル & musasaviband
37 Gotch / Can’t Be Forever Young
38 ミツメ / ささやき
39 王舟 / Wang
40 テスラは泣かない。 / TESLA doesn’t know how to cry
41 ART-SCHOOL / YOU
42 Yogee New Waves / Paraiso
43 ヒトリエ / WONDER and WONDER
44 昆虫キッズ / BLUE GHOST
45 tobaccojuice / 一輪の花と二つの三日月
46 avengers in sci-fi / Unknown Tokyo Blues
47 canooooopy / 百夜を繋ぐ言の千切れ葉
48 撃鉄 / NO UNDERGROUND
49 ボールズ / スポットライト
50 New House / Kaleidoscopic Anima
次点 銀杏BOYZ / 光の中に立っていてね
次点 THE BAWDIES / Boys!
次点 OKAMOTO’S / Let It V
次点 ドレスコーズ / 1
次点 Syrup16g / Hurt
次点 KUDANZ / 何処か長閑な
次点 パスピエ / 幕の内ISM
次点 FOLKS / NEWTOWN
次点 febb / The Season
次点 taiko super kicks / 霊感


僕らはパラレルワールドを生きている

というわけで、2014年のベストアルバムにはKoji Nakamuraの『Masterpeace』を選びました。誰もがネットで作品を発表できる「個」の時代において、そのラジカルな視点とポップミュージックの作り手としての才覚を爆発させた、『HIGHVISION』以来の大傑作だと言っていいと思います。まあ、音楽メディアが選ぶ総合一位はくるりの『THE PIER』だった気はして、個人的にも一位にして全然よかったのですが、そこはちょっとした天邪鬼気質が働いたということで。何にしろ、かつての岸田繁いわく「アムロとシャア」の関係であり、「98年の世代」(by『SNOOZER』)であるこの二組が、「Live the life you love until we meet again」な感じで再び巡り合い、2014年という年に双方のキャリアにおいても屈指の傑作をリリースしたという事実には、何とも感慨深いものがあります(実際に、年末に出たくるりのシングルにナカコーがミックスで参加して、「we meet again」してるし)。昨年は赤い公園とtofubeatsを一位と二位にしましたが、2014年はもう少し上の世代が底力を発揮した年だったように思います。

ナカコーさんとくるり、両者の作品に共通しているのは、インターネットで様々な音楽を聴くことができるようになった現代をどう捉え、どのように取捨選択し、その上でオリジナリティの高いポップミュージックを作るかという命題に対し、非常に高いレベルで回答していたということ。そして、様々な国や年代の音楽性が混在する『THE PIER』からは、「パラレルワールド」というキーワードが浮かび上がってきましたが、この言葉は結果的に様々な意味で2014年を象徴する言葉になったように思います。一昨年に2020年の東京オリンピック開催が決定し、『AKIRA』の世界とリンクしたという話が象徴的なように、今僕らはパラレルワールドの世界を、SFの世界を生きているのかもしれない。それは「原発事故以降の世界」という社会的なトピックや、電車に乗れば誰もが四角い画面を見つめているという日常の光景からも感じられるもの。アニメや漫画、ゲームもそういった「もうひとつの世界」を提示する作品が多く、音楽作品も例外ではなかったわけです。直接的に「パラレルワールド」を作品のキーワードとしていたTHE NOVEMBERS、「SF化する現実のための曲集」をテーマとしたReliqをはじめ、坂本慎太郎やOGRE YOU ASSHOLE、avengers in sci-fiやTAMTAMの作品からも、こうしたムードが感じ取れました。2015年も引き続き、この手の作品は増えそう。

その他、上位に挙げた作品について簡単に触れていくと、石橋英子さんの『car and freezer』は赤い公園が10年後に作るべき先鋭性と普遍性を兼ね備えたポップスの傑作で、日本語盤と英語盤の2枚組という形態もすごい(そして、ジム・オルークの新作はまたしても出なかった…)。APOGEEの復活作は見事にチルウェイヴ~インディR&Bの流れとリンクし、来年以降より評価されるべき作品。踊ってばかりの国のセルフタイトル作は、SOUL FLOWER UNIONと並ぶ2014年随一のカウンターミュージックで、後輩のHAPPYがまだ持っていない強いカリスマ性を改めて感じさせました。オウガはフィッシュマンズやゆらゆら帝国にも肩を並べるレフトフィールドのポジションを確立させ、ミイラズはandymori解散後の今この国で一番かっこいいロックンロールバンドに(もっと評価されなきゃおかしい)。吉田ヨウヘイgroupと森は生きているは東京インディの先端で切磋琢磨し、bonobosは実はSAKEROCK~トクマルシューゴ~ceroという流れに寄り添うポジションにいたということを、チェンバーポップとスカやレゲエが共存した作品で証明してみせました(なので、このバンドももっと評価されなきゃおかしい)。

それにしても、2010年代前半の最後の年ということが関係しているのかはわかりませんが、2014年はいろんな意味で区切りの年になったように思います。「98年の世代」で言えば、くるりとスーパーカーに並ぶ顔役の中村一義が、初めて地元の江戸川でライブを行い、リアル「僕の人生はバラ色に変わった―!」を披露。また、99年前後にデビューした下北沢発のギターロックバンドにしても、バンプが15周年で、ストレイテナーやACIDMANもアルバムを出し、Syrup16gやBURGER NUDSが復活した一方で、ART-SCHOOLはゴッチも参加したアルバムを発表後、年末に活動休止を発表しました。また、9mmがベスト盤を発表し、年末に時雨と対バン、そして年明けには時雨がベスト盤を発表というのも区切り感があるし、かつて『version 21.1』というイベントを主催したサカナクション、the telephones、OGRE YOU ASSHOLEもそれぞれの道を行き、その最終回にTHE BAWDIESや9mmと共に参加したandymoriは解散。さらに下の世代でも、ゲスの極み乙女。のブレイクと赤い公園のレコード大賞受賞から、ひとつの区切りを感じました。

そして、これ以上に明確な円環を感じさせたのが、いわゆる「東京インディ」のシーン。「cero以降」というタームも明確になる中、2014年は前述した森は生きているや吉田ヨウヘイgroup、ROTH BART BARONなどがアルバムを発表し、岡田拓郎はすっかりシーンのキーパーソンとなりました。では、この流れの起源はそもそもどこなのかと改めて考えると、USインディとの接点が強く、リスナー気質の強いポップスの作り手であることなど、それはデビュー作『NIGHT PIECE』のリリースから10周年を迎えたトクマルシューゴであったと言えるでしょう。そのトクマル主催の「トノフォンフェス」で知名度を高め、バンドメンバーも一部重複する王舟が今年遂に正式な音源を発表し、『NIGHT PIECE』に衝撃を受けて宅録を始めたNohtenkigengoもアルバムをリリースしたことからは(ライブには岡田拓郎も参加)、やはり明確な円環が感じられたのでした。

では、2015年はどうなって行くのかを考えると、この「東京インディ」によって形成されたシティポップの再評価をひとつの背景とし、ブラックミュージックをベースとしたポップスがよりオーバーグラウンド化することは間違いなさそうです。シティポップとはつまりブラックミュージックを日本のポップスとして再解釈する動きであり、その第一人者である山下達郎は、今やすっかり20代の若いミュージシャンにとってもカリスマに。さらにはそこから何度目かの渋谷系リバイバル的な空気が生まれ、中でも現代が中田ヤスタカの時代であることを考えれば、CAPSULEやCymbals、Plus-Tech Squeeze Boxといった、ポスト渋谷系の影響がますます大きくなって行きそう。ここに海外におけるディスコやファンクのリバイバル、チルウェイブからインディR&Bへの流れ、さらには「グラスパー以降」の新しいジャズも合流し、日本ならではの特殊な状況が生まれてきていると。そして、これが結果的にフェスで重宝される高速の四つ打ちに対するカウンターとしても機能することになりそう。このあたりは、別で書いた記事も読んでみてください。

「4つ打ち」の次にくる邦楽バンドシーンのトレンドとは?

サカナクションとゲスの極み乙女。に見る「フェス中心」という価値観からの転換

ともかく、2014年が区切りの年であったならば、2015年は明確な地殻変動の年となることは間違いなく、年末から年始にかけて相次いでいるバンドの活動休止は、この変化を如実に物語っているように思います。もちろん、この時期にバンドが岐路を迎えるのは毎年のことだし、バンドにはそれぞれの事情があって、それをひとまとまりで考えることはできないのですが、それでもやはり、変化は確実に起こっています。しかし、言うまでもなく終わりは始まり。パラレルワールドでは、きっともう次の動きが始まっています。僕らはそれを自らの手で編み直し、自分の道を歩める時代に生きているのです。
[PR]
# by ashadeofshyness | 2015-01-18 16:24 | YEAR IN MUSIC

極私的ライブのオープニングSEが印象的なバンド5選

andymori
Skeeter Davis - The end of the world



SEBASTIAN X
The Temptations - My Girl



きのこ帝国
mouse on the keys - 最後の晩餐



cinema staff
Climb The Mind - 萌える傘の下



MO'SOME TONEBENDER
リヒャルト・シュトラウス - ツァラトゥストラはかく語りき


[PR]
# by ashadeofshyness | 2014-09-01 20:05 | コラム

2014年の現状⑥「で、結局どれを聴いたらいいの?」

さて、ここまで5本のショートコラムを書いてきましたが、今ホント分析記事ってネット上に溢れ返ってますよね(「なぜ~なのか?」みたいなやつ)。で、そこに一部加担している人間が言うのもなんですが、その内容はかなり玉石混交で……。まあ、その中から自分にとっての有益な情報を選び取ってもらえればと思うのですが、ただ、いくら分析したところで、やっぱり音楽なので、「で、結局どれを聴いたらいいの?」っていうのがあると思うんです。なので、2014年の上半期に出た作品の中で、僕が個人的にお勧めする、「これは聴いて!」という作品を、厳選して5枚だけ挙げて、このコラムの締め括りにしようと思います。

踊ってばかりの国『踊ってばかりの国』
石橋英子『car and freezer』
bonobos『HYPER FOLK』
Koji Nakamura『Masterpeace』
吉田ヨウヘイgroup『Smart Citizen』
(リリース順)





ここまでのコラムに出て来てない作品は、石橋さんとナカコーさんの作品ですが、ぜひ下記のインタビューを読んでいただければと思います。

石橋英子×前野健太 素晴らしいポップミュージックとはなにか?
http://www.cinra.net/interview/201403-ishibashimaeno

時間感覚の変容に対するKoji Nakamuraからの提案
http://www.cinra.net/interview/201404-nakamurakoji

この5枚はどれも本当に素晴らしいと思うのですが、アルバムとして聴いたときのカタルシスを求める人には、特にお勧めできます。ぜひ、聴いてみてください。
[PR]
# by ashadeofshyness | 2014-07-16 23:28 | YEAR IN MUSIC

2014年の現状⑤クラウド化するアーティストたち

YouTubeによって、「新しい/古い」という価値観が薄れ、ニコニコ動画によって、音楽とアニメ、漫画、ラノベなどがこれまで以上に結びつきを強めるなど、あらゆる表現がフラットになったという話はよく聞ききますが、この流れを受けて、作り手自体も年齢や表現手段の枠を超え、フラットな存在になっていくのはある意味当然。これを「クラウド化」と呼んでみることにします。

例えば、声優も務めるシンガーソングライターとイラストレーターの2人組による「視聴覚ユニット」のみみめめMIMIは6月に初ライブを行い、かつてWEBコミック『シアロア』を発表し、現在『別冊少年マガジン』に連載を持つ漫画家含む2人組・感傷ベクトルも、今年ひさびさの作品を発表しました。両者ともに匿名性の強い存在ですが、徐々にその姿を現しつつあることも共通点です。ビジュアルと音楽のリンクという意味では、近年ではamazarashiがエポックメイキングな存在で、匿名性という意味でも先駆けでしたが、彼らはあくまでもバンドで、ビジュアル担当は別に存在するのに対し、みみめめMIMIや感傷ベクトルは異なる分野のクリエイターがひとつの集団を形成しているのがポイント。ニコ動周りではクリエイターチームも数多く存在しますが、あくまで音楽を中心に置いているという意味では、彼らともまた差別化が図られていると言っていいでしょう。





ただ、何事にも「光と影」の両側面が存在するというもので、彼らは「あらゆる表現がフラットになった時代」を体現している一方で、「音楽だけでは成り立たなかった」という側面もあります。みみめめMIMIにも、感傷ベクトルにも、そしてもちろんamazarashiにも、裏側には今の形態へと至る一発逆転のストーリーがあるのです。これは今のアイドルにも言えることだったりして、アイドルになりたくてアイドルをやっている子がたくさんいる一方で、もしかしたら同じくらいの割合で、歌手や女優、タレントへの通過儀礼として、あえてアイドルにチャレンジしている子も多かったりする。つまりは、アイドルも「クラウド化」しているのであり、これもある意味では時代感の表れなのかもしれません。

視聴覚ユニットの誕生 みみめめMIMIインタビュー
http://www.cinra.net/interview/2013/08/15/000000.php

メディアミックスの時代? 「感傷ベクトル」の戸惑いと新たな一歩
http://www.cinra.net/interview/201406-kanshovector

もう少し話を広げると、普通にミュージシャンのみの集団でも、バンド、ボカロ、ネットレーベルという「ネット3世代」がビジュアルノベルの『クラナド』で結びついたfhanaをはじめ、年の差バンドが多く見られるようになっているように思います。言ってみれば、②で挙げた吉田ヨウヘイgroupや森は生きているもそうで、彼らは時代を超えた様々な音楽で結びついている集団。一方、ミュージシャン同士の距離が物理的に近い東京とは真逆の環境とも言うべき、北海道のベッドタウンを拠点に活動するFOLKS(「人々、集団」を意味する)は、バンド内で知識を共有し、なおかつそれを近しい仲間たちにも広め、ネットワーク化して行こうとする姿勢を持ったバンド。中心人物の岩井郁人はこんな風に語っています。

「今はiCloudやDropbox、Evernoteといったクラウドサービスが発達してるんだから、それらを有効に使うべきだと思う。クラウドの中にひとつのフォルダを作って、そこにそれぞれ自分の好きなものやアイデアをとにかくどんどん突っ込んで、ごちゃ混ぜにして共有することで、そこから新しい音楽を創造していくことが可能なのではないかと考えています」

このように、違う世代・違う趣味・違う手段を持った人間が、差異を認めつつも、ひとつの集団を形成することによって、新たな表現を切り開いてくという流れは、間違いなく今後も広がっていくことでしょう。



ネット3世代が紡ぐ「新しい物語」 fhanaインタビュー
http://www.cinra.net/interview/201405-fhana


[PR]
# by ashadeofshyness | 2014-07-16 22:41 | YEAR IN MUSIC

2014年の現状④GO TO 2020~東京オリンピックに向けて

昨年まで「東京の音楽」と言えば、②で書いたような東京のインディーシーンで起こっていることを指すことが多かったように思いますが、2020年の東京オリンピック開催が決定し、少しずつ再開発が進む中、改めて東京という都市を見つめ直し、それを鳴らそうとする作品が増えてきました。例えば、「フラット化するテン時代の“Tokyo”に警鐘を鳴らす」作品であり、「驚異的なスピードで移り変わり、コミュニケーションまでもを含めたすべてが等価で均一的になっていく時代に抱く無常感」が込められているというavengers in sci-fiの『Unknown Tokyo Blues』と、今年一月にメモリアルな初ライブを行ったSerphの別名義Reliqの、「SF化する現実のための曲集」「気候変動の激しい世界における新たなトロピカルミュージック」をテーマとした『Metatoropics』は、デジタル化が進む都市の中で人間性を掴み直すという意味で、まさに同テーマの作品。AKBのドキュメンタリー映画の音楽を手掛けたことが話題を呼んだworld’s end girlfriendのレーベルから出たbronbabaの『neo tokyo』は文字通り『AKIRA』とのリンクがあるし、今後こういったテーマの作品が増えることは間違いないと思います。





このインタビュー、ぜひ読んでほしいです。
「変化し続ける世界をサバイブしよう Serph(Reliq)インタビュー」
http://www.cinra.net/interview/201404-reliq

そんな中、ずばり“東京”という楽曲を含んでいたのが、踊ってばかりの国のセルフタイトル作であり、あの作品は日本という国全体を見つめながら、東京という街をあぶり出してもいました。これまで存在する“東京”という名の名曲の多くが、個人史に基づいたものであったりするのに対して、〈政治家のジジイが決めたことで また子どもが死ぬよ 難攻不落の民の声 お上には届かないよ〉と歌った踊ってばかりの国の“東京”は、日本社会の中心としての東京を明確に見据えたものであり、実はありそうでなかった曲だと思う。最近だと、きのこ帝国が“東京”というタイトルの新曲をやっていて、音源化が待ち望まれるんだけど、あれはどっちかっていうと個人史よりかなあ。



2012年のロンドンオリンピック開催に合わせてハイドパークでライブを行い、ロンドンを通る高速道路を題材とした“Under the Westway”という楽曲を発表しているブラーは、今年の一月に行われた約10年ぶりの来日公演でも、バックドロップにWestwayの写真を掲げていました。そう、ブラーというバンドは今も愛情と皮肉を交えつつ、ロンドンという街を体現し続けているのです。東京オリンピックの開会式で誰が音楽監督を務めるのかという話題もよく耳にしますが、それが誰であろうとも、2020年に向けて「東京の音楽」を様々なアーティストが提案していくことになるのは確実。もしかしたら、その流れの中で「国際都市としての東京」が見直され、洋楽との関連性が見直されるかもしれないし、ブラーのようなヒーローが表れることもあるのかもしれない。



最高…!

そういう意味で僕が個人的に期待するのは、踊ってばかりの国と並んで、やっぱりアナログフィッシュなんですよね。震災前に作った“PHASE”という曲で、〈失う用意はある? それとも放っておく勇気はあるのかい?〉と歌い、“抱きしめて”という曲で〈危険があるから引っ越そう/事件が起きるから引っ越そう/ねぇどこにあるのそんな場所がこの世界に もうここでいいから思いっきり抱きしめて〉と歌ったアナログフィッシュの音楽は、もちろん日本全体のムードを示していると同時に、やっぱり都市生活者としての、東京に生きる者の歌だと思う。アナログフィッシュというバンドは、これまでずっと「City」を歌い続けてきたバンドでもあるしね。ニューアルバムに先駆けて、先行で公開されている“はなさない”は、ミニマルなギターフレーズといい、サイケ感といい、メランコリックな雰囲気といい、“Beetlebum”をはじめとしたブラーの楽曲を思い出すんだけど、そういう音楽的な近さも含め、アナログフィッシュがブラーのように「東京」を改めて体現してくれるんじゃないかと。下半期に予定されている新作には、そんな期待も持っています。


[PR]
# by ashadeofshyness | 2014-07-11 23:27 | YEAR IN MUSIC