音楽ライター・金子厚武のブログ
by ashadeofshyness
カテゴリ
日記
インタビュー
YEAR IN MUSIC
ウィークリー・レコメンド
コラム
以前の記事
2017年 08月
2016年 12月
2016年 01月
more...
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ウィークリー・レコメンド May 22

クラムボン、7年ぶりのカバーアルバム『Lover Album 2』は、盟友の空気公団やソウルセット、ロバート・ワイアットのMATCHING MOLEにUSインディのThe American Analog Set、七尾旅人にマイケル・キワヌカ、さらにはアニソンにミトさんのご両親(!)まで、まさにクラムボンシャッフルな一枚。行定勲監督による切なすぎるMV曲はアニメ『らき☆すた』のキャラソンで、ミトさんいわく「中田ヤスタカとならんで2000年代後半の日本の音楽シーンを語る上で外すことのできない作曲家」の神前暁による名曲です。ちなみに、同日にはハナレグミと細野晴臣さんもカバーアルバムを発表。あ、今月は堂本剛もカバアルバム出してたけど、一曲目が尾崎豊の“I LOVE YOU”とかハンパねえ。

cinema staffのメジャー・ファースト・フルアルバムにして、名古屋から東京に出てきてからの集大成的作品『望郷』は13曲収録の力作。シネマがこれからメジャーで成功していくのかどうかはわからないけれど、いずれ彼らが自らのいるべき場所にたどり着いたとき、彼らはそこで誰よりも光り輝くんだろうなあと、そんなことを感じさせるアルバムでした。あ、辻くんの個人レーベル「like a fool records」の名前の由来であるスーパーチャンクの新作も8月に出るみたい!

“望郷”のイントロを聴いて、僕はシガーロスを連想したのですが、もっとシガーロス直系なのがmoshimoss。もともとテクノを作っててドイツのレーベルからもリリースをしていた山形在住のKosuke Anamizuが、アイスランドへの旅によって人生観を変えられ、moshimossとしての作風を確立したという変わり種。今月はシガーロスが、来月はムームが来日して、さらにはビョークの来日も決定。クラムボンもカバーアルバムでエミリアーナ・トリーニというアイスランド人アーティストをカバーしてたし、これは今再びアイスランドブームと言っていいはず!

誰もが待ってたダフトパンクの新作『Random Access Memories』。ファレルとナイル・ロジャーズをフィーチャーしたリードトラック“Get Lucky”のユーチューブでの再生回数はもうすぐ4000万回に到達、アルバムはすでにUKチャートで一位(意外にもUKでは初の一位)と、現在世界中がダフトパンクに夢中♥

USインディ好きなら誰もが待ってたナショナルの新作『Trouble Will Find Me』。スフィアン・スティーヴンスとの邂逅なども経ての、シンプルでいて深みのある、素晴らしい作品。ヴァンパイア・ウィークエンドの新作は前作に続いてビルボードの1位を獲得したが、誰に何と言われようと明確なオバマ指示を続けるこのバンドもまた、アメリカを体現するバンドだ。


クラムボン『Lover Album 2』



cinema staff『望郷』



moshimoss『endless endings』



Daft Punk『Random Access Memories』



The National『Trouble Will Find Me』


[PR]
# by ashadeofshyness | 2013-05-28 01:22 | ウィークリー・レコメンド

ウィークリー・レコメンド May 15

ラルクのyukihiroともあだち麗三郎ともバンドメンバーという、不思議なポジションを築きつつある百々のソロ2作目『ゆめとうつつとまぼろしと』。フィル・スペクターサウンドに何ともらしいストーリーテリングを乗っけた“ロックンロールハート(イズヒアトゥステイ)”は名曲です。福岡の盟友・向井秀徳が参加した曲の“ともをまつ”っていうタイトルは、おなじく福岡のRUMTAGのイベント名からつけられたんだろうな。

不思議なポジションと言えば、LILLIES AND REMAINSから昆虫キッズまでとつながり、その特異性が際立ち始めているTHE NOVEMBERSも忘れてはなりません。チェンバーポップ路線の『GIFT』から一転、ラウドな作風を打ち出した…とは本当は言い切れない多様性を持った新作『Fourth wall』からは、ますます研ぎ澄まされたバンドの現在地が感じられます。

そして、同日にリリーズもタワレコ限定シングル『I Survive』を発表。ノベンバと続けて聴くと、親和性の高さがわかりますね。リリーズはやっぱり80年代感が強くて、ノベンバは90年代の割合が多いとかはあるかもしれないけど、美意識の高さは共通していて、それは昆虫キッズにも言えることかと。

つしまみれ結成14年目のセルフタイトル作は、中村宗一郎とがっつりタッグを組んで新たなバンド像を打ち出した意欲作。リードトラックの“JAGUAR”こそいかにもなブランキー路線ではあるものの、後期ゆら帝~オウガなクラウトロック風のサイケナンバーや、ボリスのようなヘヴィなナンバーまで、幅広いリスナーをうならせる作品に仕上がってますよ。

札幌在住のシンガーソングライター、サトウヨシアキ3年ぶりの新作『Like It Was Yesterday』。英語詞と日本語詞を曲ごとに使い分けるスタイルで収録された全6曲は、いわば「デスキャブ meets 大橋トリオ」。美メロ好きには間違いなしの逸品です!


百々和宏『ゆめとうつつとまぼろしと』



THE NOVEMBERS『Fourth wall』



LILLIES AND REMAINS『I Survive』



つしまみれ『つしまみれ』



サトウヨシアキ『Like It Was Yesterday』


[PR]
# by ashadeofshyness | 2013-05-12 22:52 | ウィークリー・レコメンド

ウィークリー・レコメンド May 8

たまには洋楽からご紹介。まずはVAMPIRE WEEKENDのサード『Modern Vampires Of The City』。これはもう流石と言うしかありません。一聴したときにキャッチーなのは『CONTRA』の方だけど、いかにも三作目らしい落ち着いたエレガントな雰囲気に、聴けば聴くほどはまります。かつては「文化を搾取する帝国主義者」との批判も受けましたが、彼らは今も真摯にアメリカと向き合い続け、リリックをフィーチャーしたMVからは強い主張が感じられます。うん、やっぱり彼らは別格。あ、ちなみに“Ya Hey”って、やっぱOUTKASTを意識してるのかな?

続いて、TOKYO ROCKSの中止で来日がポシャッてしまったPRIMAL SCREAMの記念すべき10枚目のオリジナル・アルバム『MORE LIGHT』。まだアルバム聴けてないんだけど、いいっぽいですね。本作からローゼズ復活のために脱退したマニに代わって、女性ベーシストのシモーヌ・バトラーが加入(下の映像で見れます)。ボビーももう50歳か…さすがに老けたね。

時期的に言って、「サカナクションと“INORI”を共作した」と紹介するべきでしょうか、AOKI takamasaさんの新作『RV8』は8パターンの「Rhythm Variation」を収録。3本あがっている音と連動した映像はどれもかっこいいです。あ、ちょっと前に出たWOZNIAKのアルバム(録音とミックスはハイスイノナサの照井兄)もミニマルでかっこよかったなあ。

昨年元School Food Punishmentの蓮尾理之が加入した385の新作『人間』。キーボーディストなのにギタリストに憧れる蓮尾くんのノイジーかつカラフルなプレイが加わって、ファンクやジャズを内包したプログレ・ハードコアがさらにパワーアップ!こりゃすごい。

最後も変わったプレイをする人たち。タッピングとテレキャス大好き!なQOOLANDのデビュー作『それでも弾こうテレキャスター』(ギタリストはストラトですが)。「そこタッピングする必要あるん?」というツッコミは無視で!


VAMPIRE WEEKEND『Modern Vampires Of The City』



PRIMAL SCREAM『More Light』



AOKI takamasa『RV8』



385『人間』



QOOLAND『それでも弾こうテレキャスター』


[PR]
# by ashadeofshyness | 2013-05-08 00:24 | ウィークリー・レコメンド

ウィークリー・レコメンド May 1

5日の渋谷クアトロでのワンマンライブ(ソールドアウト!)でいよいよ本格的に活動を再開する赤い公園が、配信限定で新曲を発表。津野さんがSMAPの新曲を手掛けたこともあって、俄然注目が集まってますね。“今更”を聴いても、やっぱサウンドはオルタナ寄りのバンドサウンドなんだけど、曲はすんごいメジャー感あるもんなあ。これからの活躍、ホントに楽しみ。

クリープハイプのニューシングルは資生堂アネッサのCMソング。メジャーデビュー後のシングル2枚はどちらもオリコンベスト10入りしていて、今回も入りそうですね。「SEXしよう」のバンドが蒼井優の爽やかなCMのバックで「ゆうゆうゆうゆう」と歌うのに背徳感を感じつつ、まあでも蒼井優だからいいのか、とも思ったり。ツアーファイナルの中野サンプラザもすでにソールドアウトと、今まさに攻め時。

そして、“夢の外へ”がアネッサのCMソングに使われていた星野源が、くも膜下出血から無事復活を果たし、サードアルバム『Stranger』を発表。こちらも多方面からの期待を受けつつも、独自のスタンスを崩すことなく、7月には武道館公演も決定。すごい。

ベースが脱退して、ギター&ドラムの2ピースで再始動したSISTER JET。時期的にどうしてもチャットモンチーと比較したくなっちゃうけど、ここにも2人でやることの意味や熱量が確かに感じられる。ただ、あのTHE WHITE STRIPESでさえ続かなかったように、2ピースでロックンロールやるのってホントに難しいとも思う。まずは、やれるとこまでやり切っちゃえ!

「(500)日のサマー」でおなじみ、ズーイー・デシャネルとM・ウォードによる男女デュオShe & Himの新作は、今回もUSインディ界の良心MERGEからのリリース。素敵なポップスを聴かせてくれているようです(アルバム未聴)。


赤い公園『今更』



クリープハイプ『憂、燦々(ゆう、さんさん)』



星野源『Stranger』



SISTER JET『3-1=2 / No Limit e.p.』



She & Him『Volume 3』


[PR]
# by ashadeofshyness | 2013-05-02 00:29 | ウィークリー・レコメンド

ウィークリー・レコメンド Apr 24

tofubeatsが遂に初のフルアルバムをフィジカルリリース!すでにiTunes Storeで全曲フルストリーミングをやってたりもしますが、これまで配信を軸に「聴いてもらってなんぼ」という形で活動を続けてきたトーフくんの作品が、フィジカルでどれだけの人に買われるのかというのは非常に興味深いです。作品のクオリティ自体はばっちりで、やっぱり「めっちゃ曲が書けるなあ」と再認識。“水星”はもちろん、“SO WHAT!?”とか超キャッチー。電気グルーヴ“MUD EBIS”も収録した同時発売のリミックス集『university of remix』もおすすめ!

「キャッチーさなら負けねえぜ!」と言わんばかりに(?)、こちらも初の全国流通盤を発表するKANA-BOON。昨年はKi/oon主催のオーディションでグランプリを獲得、アジカンのオープニングアクトを務めたように、まさに日本のギターロックシーンの中で純粋培養されてきたかのようなバンド。先にアップされていた“ないものねだり”のショートバージョンはすでにYouTubeで13万回以上の再生回数を誇るなど、中毒性高し。

神戸のtofubeats、大阪のKANA-BOONに続きまして、京都のtricotは初のシングルを発表。関西元気。ステージ上のtricotも元気。5月からのツアー、東京は早くもクアトロワンマンかあ。曲はかなりプログレッシヴ!

そして、KANA-BOONを聴いても、tricotを聴いても、その背景にはthe band apartの存在が感じられるわけです。直接的でも間接的でも、今の日本のギターロックに彼らが与えた影響は、やはり計り知れないものがあると言っていいでしょう。前作『2012 e.p.』に続く全曲日本語詞、遂にアルバムタイトルも日本語になった新作は、そんな彼らが今も進化を続けていることを証明する作品。一時期ちょっと高値安定感あった気もしたんだけど、分離のはっきりしたミックスが施されたスピーディーな楽器の絡みが印象的なリードトラックの“ノード”からして非常に新鮮。先駆者は偉大なり。

洋楽もひとつぐらい…ということで、!!!と迷った結果、バーミンガム出身の兄弟含む4ピース、Peaceをご紹介。いやー、この90年代感バリバリなダサかっこよさ、たまりません。僕なんだかんだ言ってこういうの嫌いになれないんだよなあ。ボーカルがリチャード・アシュクロフトっぽいってだけでもポイント高いし、Peaceなんてバンド名つけちゃうのも許せます。「1997年のヒット曲はすべて頭の中に入ってる」なんて発言もしてるようで、やっぱ90年代リヴァイヴァル確実に進行中ですね…っていうのがtofubeatsとも繋がってくるということで、こんなまとめでよろしいでしょうか。あ、MVに髪の長いギタリストが出てきますが、又吉じゃないよ。


tofubeats『lost decade』



KANA-BOON『僕がCDを出したら』



tricot『99.974℃』



the band apart『街の14景』



Peace『In Love』


[PR]
# by ashadeofshyness | 2013-04-23 00:19 | ウィークリー・レコメンド